1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 欧州金融見通し 新興国からのリスクオフと欧州銀行

欧州金融見通し 新興国からのリスクオフと欧州銀行

銀行同盟に向けストレステスト及び資産査定(AQR)の内容が一部発表に

2014年02月05日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫

サマリー

欧州金融セクターおよび各アセットクラス(株式、債券、オルタナティブ)の動向をピックアップした。


◆欧州のソブリン危機は収束したのか?


◆新興国からのリスクオフにより欧州銀行のバランスシート調整は進むのか?


◆日々、流動性が縮小する欧州金融市場とその要因


◆銀行同盟に向けストレステスト及び資産査定(AQR)の内容が一部発表に


◆欧州でカバード・ボンドを発行する金融機関が減少


◆南欧諸国の金融機関は銀行同盟を懸念してカバード・ボンドの発行は継続


◆最近の欧州金融動向(銀行同盟、ECB、BOE等の政策実施、発言等)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加