1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 欧州経済見通し 動き始めた景気回復

欧州経済見通し 動き始めた景気回復

個人消費が牽引して4-6月期成長率はユーロ圏、英国ともに上振れ

2013年08月20日

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

サマリー

◆ユーロ圏の4-6月期GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.1%)と予想を上振れした。内訳は未発表だが、7四半期ぶりのプラス成長には個人消費と政府消費が貢献したと推測される。背景には、失業懸念後退と景気・所得見通し改善を理由とする消費者マインドの持ち直しが存在する。7月の新車登録台数が前年比プラスの伸びに転じるなど、7月以降も個人消費は堅調に推移しているとみられる。


◆ただ、ユーロ圏経済が本格回復するには、輸出拡大が国内投資の回復につながるというもう一つのエンジンが動き出す必要があるが、まだその兆候は限定的である。2013年後半はプラス成長を予想するが、4-6月期と比べて減速すると見込まれる。2013年通年の成長率予想に関しては、4-6月期の成長率上振れを反映させて前回予想の-0.6%から-0.4%に上方修正した。


◆英国の4-6月期GDP成長率は前期比+0.6%(年率換算+2.4%)と、こちらも予想を上振れした。小売売上高が前期比+1.0%と6四半期ぶりの高い伸びを記録しており、英国本来の、個人消費主導の景気回復が継続していると考えられる。2013年通年の成長率予想をこれまでの+0.7%から+1.1%に上方修正する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート