1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. インフレ目標は時代遅れか?

インフレ目標は時代遅れか?

名目GDPターゲットによるラジカルな緩和策とは

2012年12月18日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

サマリー

◆次期イングランド銀行総裁への就任が決まっているカーニー氏が、インフレーション・ターゲットを破棄し、名目GDPターゲットを導入することが、非常時におけるより積極的な金融緩和を可能にすると述べ、物議を醸している。


◆名目GDPを目標とする限り、インフレ懸念を口実に金融緩和を躊躇する余地が狭まる。カーニー氏の発言はデフレ突入回避への決意の表明とも考えられ、今後、先進国間の競争的金融緩和が激化する可能性がある。


◆新政権の下で、より緩和的な金融政策の採用が予想される日本だが、競争的金融緩和に乗り遅れれば、一転、急激な円高に逆戻りというシナリオも否定できなくなる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加