1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国社会科学院
  6. 2014年1月 「人民元の国際化は国内金融市場の発展が必要」

2014年1月 「人民元の国際化は国内金融市場の発展が必要」

2014年03月13日

高海紅

過去数年間において、中国が最も多く用いた論理は、「倒逼機制(外的圧力により何らかの措置を講じるメカニズム)」である。2009年から現在まで、このメカニズムは人民元の国際化への圧力に対する資本取引の開放や、資本取引の開放への圧力に対する国内金融システムの改革に使われてきた。こうして見ると「倒逼機制」は実践としてかなりの成功を収めていると言える。そのうえ、資本取引の開放と人民元の国際化を連動させることで、国内金融システムの真の改革を始動させてもいる。このような中で、非常に重要なことは、国内金融市場の発展により人民元の国際化が促進される仕組みや程度に関して充分に検討していくことである。


※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加