1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国社会科学院
  6. 2012年4月  「新三板:場外取引の最前線」

2012年4月  「新三板:場外取引の最前線」

2012年07月26日

劉丹

2012年の春は新三板市場の春でもある。先ごろ中国証券監督管理委員会と国務院指導者の視察や調査があったのち、続けて新三板市場拡大とのニュースが伝わってきた。最新の消息では、新三板市場拡大改革の最新計画がすでに国務院に報告されたとのことである。新三板市場は春には拡大してスタートし、秋には全国で統一された取引所外取引市場となる可能性がある。我が国の多層的な資本市場の構築が現実のものとなりつつある。

※新三板市場・・・中国の店頭株式市場。中関村科学技術パーク(中関村科技園区)のハイテク企業が取引されている。


※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加