1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 株主総会集中率の低下に限界感

株主総会集中率の低下に限界感

6月株主総会の特定日への集中率は、30%程度が低下の限度か?

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

◆2018年3月決算会社の定時株主総会が、最も集中するのは6月28日で、3月決算会社のおよそ30%がこの日に総会を開催する予定である。

◆集中日を避けて定時株主総会を開催する動きが広がってきたが、今年は昨年よりも集中率が微増した。

◆第五集中日までの集中率は、およそ85%で低下傾向は緩やかだ。ある特定の一日に集中することはなくなっているが、数日の間に集中的に開催される傾向は、今も続いている。

◆7月開催を含めて一層の分散化を期待する声もある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート