1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. ニューヨーク市「責任ある銀行条例」問題

ニューヨーク市「責任ある銀行条例」問題

「責任ある銀行条例」は違憲無効との連邦地裁決定

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆ニューヨーク市は、公金の預金先銀行を決定するに当たり、中低所得者向け融資への取り組みなどを考慮要素とすることを定めた「責任ある銀行条例」を策定しているが、これに対して連邦地裁は、違憲無効との判断を下した。


◆銀行規制に関する立法は、連邦法や州法によるべきであり、市条例での実質的な銀行規制を行うことは認められないという。


◆同様の規制を設ける米国の地方自治体は少なくない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加