1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. コンティンジェント・キャピタル(CoCos)の課題

コンティンジェント・キャピタル(CoCos)の課題

欧州金融機関の発行事例と邦銀の発行・投資の留意点

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫

サマリー

◆2013年からのバーゼルⅢの導入を見据えて、コンティンジェント・キャピタルへの注目が高まっている。新しい規制では、従来型の優先出資証券や劣後債に関して、その他Tier1、Tier2への資本算入が原則禁止となるため代替調達が急がれているからだ。

◆欧州では、CRDⅣやスイス・フィニッシュといった規制整備が先行したため、バーゼルⅢでの最終的な資本適格要件が確定する前の段階から、コンティンジェント・キャピタルの発行に踏み切るケースが増加している。投資家は、高利率を歓迎する一方、損失順位のヒエラルキー逆転など混乱する点も多い。

◆本稿では、既に海外金融機関(特に欧州)が発行したコンティンジェント・キャピタルの事例と大和総研が実施したアンケート調査の内容を踏まえ、今後、邦銀が発行・投資を行う際の留意点をまとめている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート