1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 業績連動型報酬の行方

業績連動型報酬の行方

懸念を呼ぶ英国役員報酬の高額化

2015年09月17日

ロンドンリサーチセンター 研究員 沼知 聡子

サマリー

◆英国では上場企業における役員報酬の高額化が進み、高額化の主因とされる業績連動型報酬に対し、是非を問う声も強くなっている。抜本的な改革の必要性が指摘されるが、企業内から改善が進むか今後の動向が注目される。


◆業績連動型報酬や株式報酬の導入を促し、攻めの経営を後押ししようとする日本では、英国の例を他山の石とし、業績連動型報酬の持つ危険性を踏まえたうえで、今後の報酬設計が行われることが期待される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加