1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 会社は誰のものか?

会社は誰のものか?

新たなコーポレート・ガバナンスモデルの模索

2015年08月25日

ロンドンリサーチセンター 研究員 沼知 聡子

サマリー

◆コーポレート・ガバナンスの先駆けとなる英国で、中央銀行のチーフエコノミストが企業統治の中心に株主を据える現行モデルに対し、「会社は誰のものか?」と再考を促している。企業が短期的な株主利益の拡大を将来の成長を支える投資に優先する現状を踏まえての提言が波紋を呼んでいる。


◆経営風土に深く根付いた企業統治のあり方を変えるには一朝一夕ではいかないだろうし、すべての企業で機能するような万能モデルも存在しないだろう。新しいガバナンスモデルの模索がどのように進んでいくか、今後の動向が注目される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加