1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. ESGポートフォリオのリターン分析①

ESGポートフォリオのリターン分析①

女性活躍関連のポートフォリオ

政策調査部 主任研究員 伊藤 正晴

サマリー

◆女性取締役比率を指標としたポートフォリオと、なでしこ銘柄から構成したポートフォリオについてリターンの分析を行ったところ、次の結果を得た。


◆直近5年間の配当込みTOPIXの年率リターンが11.5%であったのに対し、女性取締役比率10%以上のポートフォリオの年率リターンは12.7%で、市場全体を超えた。一方、女性取締役比率0%超10%未満のポートフォリオの年率リターンは7.8%にとどまり、市場全体を大きく下回った。


◆直近5年間のなでしこ銘柄のリターンをみると、2012年度なでしこ銘柄は15.6%と高かったが、2013年度なでしこ銘柄は10.8%にとどまっている。また、各年度のなでしこ銘柄が発表されてからの事後リターンは、いずれも配当込みTOPIXと同程度であった。


◆女性取締役比率0%超10%未満の企業は、女性取締役が1人というケースが多いと考えられるが、このような企業には女性の活躍推進が進行途上にあり、企業の成長にまでつながっていない可能性や、株式市場からポジティブな評価を得るには至っていない可能性があろう。「まずは役員に一人は女性を登用する」ことが政府から経済界へ要請されたが、単なる数値目標の達成ではなく、人材育成など女性の活躍推進が実際に企業の成長に資するような環境を整備していくことが求められよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート