1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 女性取締役を有する企業と株式リターン

女性取締役を有する企業と株式リターン

女性取締役に関する国際比較と、女性取締役を有する日本企業のリターン分析

伊藤 正晴

サマリー

◆いくつかの国の企業における女性取締役の状況をみると、欧州や米国では女性取締役を有する企業が50%を超えているのに対し、日本は6.1%と非常に低い。また、女性取締役比率は10%強の水準の国が多いが、日本は0.7%にとどまっている。

◆2005年から2011年の各年において、女性取締役を有する日本企業でポートフォリオを構成したところ、2007年以降の年間リターンは配当込みTOPIXを上回った。

◆各年のリターンを累積した7年間の累積リターンは、配当込みTOPIXが-28.8%であったのに対し、女性取締役ポートフォリオは+5.38%で配当込みTOPIXのリターンを大きく上回った。また、スタイル・インデックスを使ってFama-Frenchの3ファクターモデルによる推計を行ったところ、月次ベースで+0.341%の統計的に有意な超過リターンを得た。

◆業種構成の偏りがポートフォリオのリターンに影響している可能性があるため、業種別の状況をみたところ、食料品や電気機器、サービス業などの個人に対して商品やサービスを提供する業種に女性取締役を有する企業が多いようである。

◆業種構成の偏りには注意が必要であるが、リターン分析の結果は女性取締役という情報が投資パフォーマンスの向上に寄与することを示唆しているのではないか。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート