1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 米中、気候変動対策で新目標

米中、気候変動対策で新目標

中間選挙後もCO₂排出規制を進めるオバマ政権

2014年11月14日

物江 陽子

サマリー

◆米国と中国が気候変動対策で新目標を発表した。米国の新目標はCO₂排出規制案に概ね沿った内容でサプライズはないが、オバマ政権が大敗した中間選挙後も、CO₂排出規制を進めるとのメッセージとも受け取れる。反対も多い規制案だが、少なくとも来年1月に最終規則の公表が予定されている新設発電所へのCO₂排出基準の導入は、予定通り実施される可能性がある。導入されれば米国における石炭火力発電所の新設は事実上困難となる。米国の「脱石炭」の行方に引き続き注目したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート