1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. スチュワードシップ・コードへの対応と受託者責任、社会的責任投資の関わり

スチュワードシップ・コードへの対応と受託者責任、社会的責任投資の関わり

重なり合いながらも時に対立する三つの概念

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

◆日本版スチュワードシップ・コードへの参加を表明した機関投資家には、スチュワードシップ責任を果たすための明確な方針を策定し、公表することが求められる。


◆スチュワードシップ責任と受託者責任は、前者が企業価値の向上や持続的成長を促すことに力点を置いており、小さからぬ相違がある。


◆また、社会的責任投資さえ行っていれば日本版スチュワードシップ・コードを実践しているということになるわけではない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート