1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 株主エンゲージメントの対象選択

株主エンゲージメントの対象選択

CalPERSによるFocus List作成の方法とその変化

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆CalPERSは、特に厳しく対話を求める相手方を毎年FocusListとして公表している。

◆これまでは株価が良好であってもガバナンスなどに問題がある企業はFocusListに記載される可能性があったが、今後は株価(投資パフォーマンス)のみが第1のスクリーニング基準となる。

◆CalPERSのFocusListは、投資先企業との対話を行なう機関投資家には、対話相手の選定方法として参考になる。

◆今後日本企業を含む外国企業もFocusListに記載されるようになるかもしれない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加