1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 2009年株主総会の争点(2)-その他

2009年株主総会の争点(2)-その他

議案にならない事項については役員選任で反対も

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆6月株主総会への準備が進んでいる。年金基金や投資信託などの機関投資家は、会社側にとって厳しい議決権行使を行なうようになっている。

◆多くのM&Aやいわゆる株式持合等による株式保有は株主総会議案とはならないものの、巨額の評価損を生じており機関投資家の間に不満が大きい。

◆議案にならない事項について不満感を表明するために、役員選任議案で反対票を投じる可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加