1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 2009年株主総会の争点(1)-議案関係

2009年株主総会の争点(1)-議案関係

定款変更の内容によって反対票の増加も

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆6月株主総会への準備が進んでいる。年金基金や投資信託などの機関投資家は、会社側にとって厳しい議決権行使を行なうようになっている。

◆特別決議事項である定款変更については、法改正に対応する技術的な改正が中心であるが、内容によっては株主権を制限・縮小するものとして機関投資家の強い反対を受ける可能性のあるもの
も散見される。

◆社外役員の独立性に関する議論が活発化しており、この点からも機関投資家の反対票が生じるものと予想できる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加