1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 真価問われるファンド出身取締役

真価問われるファンド出身取締役

アクティビストの関係者が上場会社役員に就任する例が見られるようになった

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆いわゆるアクティビスト・ファンドの関係者が上場公開会社の取締役に就任する事例がいくつか現れつつある。

◆米国では、珍しいことではないが、頻繁に生じるということでもない。

◆選任される取締役の力量が十分に発揮されれば、他の一般株主の支持を得て、日本でもアクティビスト・ファンドへの理解が深まろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加