1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. 公的資金のアクティビズム—オーストラリアの事例—

公的資金のアクティビズム—オーストラリアの事例—

公的資金による株式保有が深刻な問題を生じる可能性

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

◆政府保有の公的資金(SWF:Sovereign Wealth Funds)の投資動向が注目を集めつつある。

◆オーストラリアでは、公営企業の売却益を原資に将来の年金給付に備えるSWFとしてFuture Fundを創設し、株式保有による運用も行っている。

◆Future Fundが筆頭株主であるTelstraの株主総会で、役員報酬関連の議案で反対が6割を超えた。公的資金もアクティビスト的行動を採る事例として注目すべきである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加