1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. ブルドック買収防衛策に最高裁判断

ブルドック買収防衛策に最高裁判断

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

ブルドックソースの買収防衛策は適法との最高裁判断

◆ブルドックソースとスティール・パートナーズの間で争われた買収防衛策は適法であるとの判断が東京地裁・東京高裁に続き最高裁でも下された。

◆買収防衛策の必要性については、株主の意思に基礎を置くと判示され、手段の相当性の判断要素として、敵対的買収者への経済的補償が考慮される。

◆ブルドックソースの買収防衛策は適法とされたが、他社の防衛策については、なお慎重な検討が必要であろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加