1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 買収防衛策は適法-伝家の宝刀の抜き方-

買収防衛策は適法-伝家の宝刀の抜き方-

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

株主割当新株予約権を用いた買収防衛策の有効性をどう判断するか

◆6月下旬の株主総会では、200社以上が事前警告型買収防衛策を採用した。

◆ブルドックソースとスティール・パートナーズの間で争われた買収防衛策は適法であるとの判断が東京地方裁判所で下され、東京高裁でも判断の結果は維持された。

◆買収防衛策の内容として、敵対的買収者に経済的損失が生じないように配慮されていることが望ましい。

◆導入手続きとしては、買収防衛策について少なくとも特別決議があれば適法との判断を得やすくなると思われる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加