1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 買収防衛策へ司法判断-海外メディアはどう報じたか-

買収防衛策へ司法判断-海外メディアはどう報じたか-

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

買収防衛策採用会社が急増していることに海外経済メディアは警戒感

◆ 6月下旬の株主総会では、買収防衛策を採用する会社が急増した。同時期にブルドックソースとスティール・パートナーズの間で争われた買収防衛策差止めを認めない決定が出された。買収防衛策の導入に反対する株主は一部であり、日本の投資家の多くは買収防衛策を承認した。

◆これら一連の動きは、日本における敵対的買収が極めて困難であることを印象付けた。

◆海外経済メディアの報道には、日本企業のガバナンス改善は、一段と阻害されるのではないかとの懸念が読み取れる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加