1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 年金資産は414兆円で過去最高を更新

年金資産は414兆円で過去最高を更新

資金循環統計(2020年12月末)から見る年金資産の動向

政策調査部 研究員 佐川 あぐり

サマリー

◆日本の年金資産(公的年金、年金基金)は、2020年12月末で414.1兆円と、2020年9月末比で+11.7兆円増加し、過去最高を更新した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は収まっていないが、ワクチン開発に対する期待感の高まりや世界的な金融緩和策の継続によって、国内外の株式相場が上昇したことが主な要因である。

◆公的年金の資産残高は9月末から11.2兆円増加した。株価上昇やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による外国債券への投資拡大が続いたことを受けて、株式等や対外証券投資の残高が増加した。

◆年金基金については、確定給付型年金の残高が減少した一方で、企業型DCやその他年金は増加した。確定給付型年金の積立不足の規模は縮小しており、バランスシートは改善している。掛金が毎月積み立てられる企業型DCは、着実に残高が増えている。個人の掛金収入が安定的であるその他年金の残高は、2020年3月末比で+4.5兆円増加した。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート