1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 2020年株主総会レビュー

2020年株主総会レビュー

新型コロナウイルスで株主総会の運営に大きな変化

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

調査本部 吉田 智聡

サマリー

◆日本の上場会社の2020年の株主総会は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、6月末ぎりぎりでの開催や延期といった、前例に乏しい対応が多く見られた。

◆バーチャル株主総会(オンラインによる株主総会)に関する詳細な制度検討は、来年以降の株主総会を展望した立法課題となろう。

◆日経500種平均株価の構成銘柄となっている会社の株主総会議案に対する議決権行使結果を調査したところ、例年と比べて大きな変化は見られなかった。株主提案では、可決事例はなかったものの、役員報酬等の情報開示を求める議案へは多くの賛成が集まった。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート