1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 2019年株主総会レビュー

2019年株主総会レビュー

株主提案の可決や会社側提案議案への反対票増など大きな変化

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

経済調査部 エコノミスト 岸川 和馬

サマリー

◆2019年の株主総会では、取締役選任議案、監査役選任議案で賛成率の低い候補者が2018年よりも増えている。

◆株主提案では、報酬の個別開示など情報開示を求める提案には多くの賛成票が集まっている。

◆会社提案の議案に相当数の反対票があった会社には、反対が多かった原因の分析結果や、今後の株主との対話方針等の説明が求められる可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート