1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 新型コロナで株主還元は縮小するか?

新型コロナで株主還元は縮小するか?

感染拡大の中で財務健全性を重視し、配当要求圧力は減退へ

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

◆欧州中銀と英国中銀は、民間銀行に剰余金配当の自粛を要請した。配当分の資金を、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で財務的な困窮に陥る企業や家計への融資資金に充当するためだ。

◆議決権行使助言業者は、配当議案等で配当性向が一定水準以上でない場合には、反対投票を推奨するなどの基準を策定しているが、新型コロナウイルス感染症が蔓延する中で、一時的にこのような基準を緩和する方針を公表している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート