1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 地方創生・地方経済
  5. 大和地域AI(地域愛)インデックス
  6. 2018年4月 大和地域AI(地域愛)インデックス

2018年4月 大和地域AI(地域愛)インデックス

2018年4月は9地域中5地域で低下。消費が持ち直す一方、引き続き住宅投資に弱さが見られる。

前田 和馬

サマリー

◆4月の大和地域AI(地域愛)インデックスは、9地域中5地域の「北海道」「東北」「近畿」「中国」「四国」で低下した。一方、「関東甲信越」「東海」は小幅に上昇、「九州・沖縄」は大幅に上昇した。また、「北陸」は横ばいであった。1月に引き続き下落した地域が多かったものの、インデックスは全国的に良好な水準を維持している。

◆「東海」や「九州・沖縄」では消費の回復が見られたものの、全国的に住宅投資の下方修正が続いていることが、インデックスを押し下げている。住宅に関しては、一部地域で19年10月の消費増税を見越した需要が期待できるとの指摘があるものの、建設業の人手不足は他の業種よりも深刻であり、供給制約が懸念材料となろう。

◆先行きに関しては、米国の保護主義的な政策とそれに伴う各国の対抗措置により、通商摩擦が激化するリスクに警戒が必要だ。世界貿易が停滞する場合、輸出減少による減産や、持ち直している個人消費を冷え込ませる可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加