1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 地方創生・地方経済
  5. Go Toトラベル一時停止の影響は1ヶ月で▲0.5兆円

Go Toトラベル一時停止の影響は1ヶ月で▲0.5兆円

地域経済への影響は山梨県、沖縄県でとりわけ大きい

経済調査部 エコノミスト 鈴木 雄大郎

サマリー

◆Go Toトラベルキャンペーンは2020年12月28日から翌年1月11日まで全国一斉に一時停止されることが決まった。キャンペーン開始後の宿泊者数の推移を地域別に見ると、3大都市圏以外で回復ペースが加速した。自県内や比較的近距離への旅行需要を中心に回復しているようだ。キャンペーンの一時停止により、とりわけ観光業への依存度の高い地域経済への打撃が懸念される。

◆Go Toトラベルキャンペーンが全国一斉に一時停止されると、経済波及効果は1ヶ月で▲0.5兆円程度と試算される。地域経済に与える影響を見ると、域内総生産対比で見た経済波及効果の割合が高い、北海道、千葉県、山梨県、富山県、福井県、京都府、和歌山県、鳥取県、長崎県、大分県、沖縄県などで影響が大きくなろう。とりわけ、山梨県や沖縄県は他の県と比べてこの割合が突出して高く、地域経済全体に与える影響も無視できないものとなろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート