1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 金融庁、NISA恒久化・相続税評価を継続要望

金融庁、NISA恒久化・相続税評価を継続要望

今回は、つみたてNISA1年延長・相続財産譲渡時課税の見直しも要望

2018年09月26日

金融調査部 研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆2018年8月31日、金融庁は「平成31年度 税制改正要望項目」(以下、金融庁要望)を公表した。

◆金融庁要望では、NISA制度の恒久化が2017年度から引き続き掲げられている。今回は、「つみたてNISA」については、2019年以後も20年の積立投資ができるよう、「新規投資が可能な期間」を1年延長することも掲げられた。

◆NISAの利便性向上の観点からは、海外転勤時等の継続利用、成年年齢引下げに伴う対応等も掲げられている。

◆上場株式等の相続税に係る見直しも2016年度から引き続き掲げられている。今回は、相続により取得した上場株式等を譲渡した際、当該上場株式等の取得費に相続税額を加算できる措置につき、現行の期間制限(相続税の申告期限日から3年以内の譲渡)の撤廃も掲げられた。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加