1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 2011年度税制改正大綱(納税環境整備)

2011年度税制改正大綱(納税環境整備)

「納税者権利憲章」の制定、国税通則法の改正を解説

2011年02月21日

金融調査部 主任研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆政府は、2010年12月16日に2011年度税制改正大綱(以下、大綱)を閣議決定し、公表した。

◆本稿は、大綱のうち納税環境整備(番号制度を除く)について解説する。大綱では、「納税者権利憲章」を制定し、国税通則法を抜本改正するとした。具体的には、税務調査手続きの明確化・透明化、更正の請求期間の延長、罰則の強化などが提案されている。

◆納税環境整備に関する項目は、基本的には、納税者の権利保護のための改正や、現行の運用について明確化・法制化を行う内容となっている。ただし、増額更正の期間の延長や、白色申告者への記帳義務化など一部、納税者に対する義務を増す(税務署の権限を強化する)内容も含まれている。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加