1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 「つなぎ法案」と与党税制改正大綱

「つなぎ法案」と与党税制改正大綱

撤回された「つなぎ法案」と与党税制改正大綱の合致状況

2008年02月12日

金融調査部 主任研究員 鈴木 利光

サマリー

◆与党は2008年1月29日、2008年3月末日で失効するガソリン税(揮発油税)等の暫定税率を2008年5月末日まで延長する「つなぎ法案」を議員立法で衆院に提出した。

◆しかし、「つなぎ法案」は、2008年1月31日、衆参両院議長のあっせんにより撤回されている。

◆本稿では、「つなぎ法案」(「租税特別措置法の一部を改正する法律案」に限る)と、与党の「平成20年度税制改正大綱」(2007年12月13日公表)中、2008年3月末日に適用期限が切れる規定(国税)の適用期限延長措置との合致状況を示すものとする。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加