1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. ドッド・フランク法の再点検

ドッド・フランク法の再点検

The Financial CHOICE Actの概要

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆2017年2月3日、トランプ大統領は、「米国金融システム規制のための中核原則」という大統領令を発令した。中核原則は、今後のトランプ政権の金融規制に対するスタンスを示したものである。


◆トランプ大統領は、大統領選では、ドッド・フランク法を廃止し、金融規制を緩和する旨主張をしていたが、トランプ政権は金融規制に関して、現段階において、中核原則以外の具体的な改革案を示しているわけではない。


◆そこで、今後の金融規制改革として、事実上のドッド・フランク法の改正案と認識され注目されているのが、2016年9月に共和党のジェブ・ヘンサーリング下院金融サービス委員長が提案した“The Financial CHOICE Act”である。


◆ヘンサーリング委員長によると、昨年提案された“The Financial CHOICE Act”の改訂版を、間もなく公表するとのことである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加