1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 米国金融規制改革法 (ドッド=フランク法)成立

米国金融規制改革法 (ドッド=フランク法)成立

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2010年7月21日、オバマ大統領の署名を受けて、米国金融規制改革法(ドッド=フランク法)が成立した。

◆成立したドッド=フランク法は、これまで議論されてきた上下両院の法案をベースに、両院協議会での調整を経て、(1)いわゆるボルカールールの採用、(2)銀行等のスワップ部門分離はグループ内の別会社分離を許容、(3)ストラクチャード・ファイナンス商品の格付についての自主規制機関構想は見送りなどの対応がとられている。

◆その他、金融システム全体の健全性を監視する「金融安定監視協議会」の設置、消費者保護のための部局をFRB内に設置、清算計画の提出義務、連邦レベルでの保険監督機関の設置なども盛り込まれている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート