1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 米財務省の金融規制改革案(概要)

米財務省の金融規制改革案(概要)

金融調査部 主任研究員 横山 淳

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆2009年3月26日、ガイトナー米財務長官は、(1)システミック・リスク対応、(2)消費者・投資者保護、(3)規制の隙間の除去、(4)国際協調を柱とする金融規制改革案を発表した。

◆そのうちシステミック・リスク対応に関しては、[1]金融システム上、重要な金融機関に対する単一の規制当局、[2]より高い自己資本・リスク管理基準、[3]大規模ヘッジファンドの登録制、[4]店頭デリバティブ市場に対する包括的な規制の枠組み、[5]MMFに対する新たな規制を具体的な対応策として掲げている。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加