1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. ESOPと買収防衛策

ESOPと買収防衛策

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆ ESOP とは、従業員自身が勤務する会社の株式に対する投資を主な目的とする米国の退職給付制度である。

◆ 昨今のM&A に対する関心の高まりを背景に、ESOPを買収防衛策として活用できないかという意見をよく耳にする。

◆ しかし、ESOP は退職給付制度として受託者責任が課せられる以上、一部で期待されているような絶対的な安定株主の役割を期待するべきではないだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加