1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 決算短信簡素化、サマリーのみ開示も可?

決算短信簡素化、サマリーのみ開示も可?

業績予想の開示も見直し

2017年03月29日

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆2017年2月10日、東京証券取引所は新しい決算短信・四半期決算短信の作成要領を公表した。


◆作成要領では、サマリー情報の記載内容を義務から要請に改めるとともに、業績予想の開示についても、参考様式としては削除する一方で、通期業績を見通すうえで有用な情報を提供するよう求めている。さらに、投資者の判断を誤らせるおそれがない場合には、決算発表時点では連結財務諸表(及び主要な注記)の開示を行わず、サマリー情報等のみを開示することも認めている。


◆新しい作成要領は、2017年3月31日以後に終了する通期・四半期の決算短信から適用される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加