1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 2014年3月期の財務諸表の留意点(1)

2014年3月期の財務諸表の留意点(1)

単体財務諸表の大幅簡素化

2014年05月09日

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆2014年3月26日、金融庁は、有価証券報告書等における単体(個別)財務諸表の開示項目を大幅に簡素化する内閣府令を公表した。


◆府令では、連結財務諸表を作成している上場企業等の単体(個別)財務諸表の様式を会社法の要求水準に合わせる他、製造原価明細表、有価証券明細表、主な資産及び負債の内容などの開示が免除される。連結財務諸表で注記されている項目については、一部の例外を除き、個別(単体)財務諸表の注記は不要とされる。


◆改正後の府令(財務諸表等規則)は、2014年3月31日以後終了事業年度の単体(個別)財務諸表から適用される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加