1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. IFRS(国際会計基準)の金融商品会計

IFRS(国際会計基準)の金融商品会計

検討状況の概要

2013年09月25日

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆わが国では、IFRS(国際会計基準)の任意適用要件緩和に向けた規則改正、ASBJ(企業会計基準委員会)におけるIFRSのエンドースメント手続きの検討などが進められているところである。


◆本稿ではIASB(国際会計基準審議会)のプロジェクトのうち、金融商品会計の検討状況についてとりまとめる。


◆テーマとしては、金融商品の分類と測定(評価方法)、金融資産の減損、ヘッジ会計、マクロヘッジ会計を取り上げた。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加