1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 国際会計基準の導入—米国の対応—

国際会計基準の導入—米国の対応—

国内企業にも適用へ

2008年09月30日

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆米国のSECは、2008年8月に、米国上場企業によるIFRS適用についてのロードマップ案を公表することを決議した。2009年から一部の企業にIFRS(国際財務報告基準)の適用を認め、2014年から段階的に適用を強制するか否かを2011年に決定する。

◆一方、米国のFASB(財務会計基準審議会)とIASB(国際会計基準審議会)は、2008年9月に、米国基準とIFRS の2011年までの差異縮小に向けた新しい覚書(MOU)を公表した。

◆MOUに挙げられた項目について、我が国でも、検討が進められることになろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加