1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. IASB、包括利益計算書の導入へ

IASB、包括利益計算書の導入へ

「当期純利益」と「包括利益」を別表示

2005年11月29日

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆IASB(国際会計基準審議会)と米国のFASB(企業会計基準審議会)は、「業績報告」に関する共同プロジェクトを設けて、「包括利益」の導入について、検討を行っている。

◆2005年11月のIASB会議では、当期純利益と包括利益を1つの計算書で示す方法だけでなく、別々に2つの計算書で示す方式も選択できることとする旨が決定された。

◆「包括利益」を導入した新しい財務諸表の公開草案は、2005年中にも公表される予定である。

◆「業績報告」については、今後も引き続き見直しが検討される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加