1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 新有価証券の会計処理

新有価証券の会計処理

投資事業有限責任組合等の取扱い

2005年03月09日

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆ 2004年6月の証券取引法改正により、投資事業有限責任組合等への出資が、2005年12月1日から証券取引法上の「有価証券」として取り扱うことになった。

◆ これに伴い、会計処理においても、当該出資は、組合等の持分相当額を「出資金」ではなく、「有価証券」として表示することになった。

◆ 当該出資について、原則として、組合等の純資産や純損益の持分相当額を、出資者において計上する点や、組合等に金融資産が含まれている場合は時価評価する点などは、変わりはない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加