1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に

これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に

現れ始めたシェール革命の好影響

2014年01月16日

笠原 滝平

政策調査部 主任研究員 土屋 貴裕

サマリー

◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は、コンセンサス予想よりも上振れする可能性がある。理由として、貿易赤字の縮小が挙げられる。


◆輸出は海外経済の回復によって拡大し、輸入も国内の成長により拡大したものの、石油輸入の減少が輸入全体の増加を抑え、貿易収支の赤字幅は縮小した。シェール革命の恩恵が現れ始めたと言えるだろう。


◆エネルギー関連の輸入減少圧力は当面続くと予想され、今後は純輸出がGDPの押し上げ要因になるか、少なくとも足を引っ張る要因としては小さくなっていくことが予想される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加