1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 経済予測
  5. 世界経済見通し

世界経済見通し

日本経済中期予測(2017年2月)1章

2017年02月08日

経済調査部 シニアエコノミスト 近藤 智也

サマリー

◆今後10年間(2017~26年)の世界経済の平均成長率は3.2%と予測するものの、予測期間前半に下振れリスクが多い点には留意が必要であろう。


◆米国経済は今後10年間で平均2.1%、欧州経済を平均1.4%と見込む一方、中国経済は平均6.1%と緩やかに減速していくと想定する。


◆世界経済の不透明感が高まっている根源は米国である。前例にとらわれない言動を繰り返すトランプ大統領の任期4年間は常にリスクを意識せざるを得ないだろう。トランプ大統領の財政拡張政策は米景気の上振れ要因になるが、一方で、保護主義的な通商政策は米国だけでなく、世界全体が下振れする材料になろう。


◆Fedは緩やかなペースで引き締めを続けるとみられるが、トランプ大統領の政策次第ではインフレへの配慮から利上げペースを加速させる可能性がある。


◆協調減産に伴って原油の供給過剰は解消に向かうも、予測期間中の原油価格は緩やかな上昇が見込まれ、予測期間終盤でも80ドル程度にとどまると想定。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート