1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2022年6月消費統計

2022年6月消費統計

感染状況の落ち着きから、緩やかな回復基調を維持

2022年08月05日

経済調査部 エコノミスト 中村 華奈子

サマリー

◆2022年6月の家計調査における二人以上世帯の実質消費支出は前月比+1.5%と2カ月ぶりに増加した。新型コロナウイルスの感染状況の落ち着きからサービス消費が回復し、前月までの緩やかな回復基調を維持した。

◆実質消費支出を財・サービス別に見ると、財は減少した一方、サービスは前月比+5.2%と大幅に増加した。在庫不足から家電などの耐久財が減少した一方、感染状況の落ち着きから宿泊需要が拡大し、サービス消費の回復を後押しした。

◆7月の消費は6月から回復が足踏みしたとみている。8月以降の消費は回復の足踏みが継続しよう。感染状況が悪化する中、外食や娯楽といったサービス消費は伸び悩むだろう。ただし、政府は行動制限を要請しないとの想定の下で、宿泊は横ばい圏で推移するとみている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート