1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. インフラ輸出を支援する公的金融

インフラ輸出を支援する公的金融

「質の高いインフラ」整備を実現するための機能強化

中里 幸聖

サマリー

◆近年、わが国ではインフラ輸出の推進が提唱されており、「インフラシステム輸出戦略」が策定され、さまざまな施策が進められている。


◆資金面では、ODAや政策金融の活用、貿易保険の強化、官民ファンドの創設など、公的な機関の機能強化が進められている。具体的には、JICA、JBIC、NEXI、JOIN、(株)海外通信・放送・郵便事業支援機構などに関する取組みが、「質の高いインフラ」整備に貢献することが期待される。


◆インフラ輸出の推進は、わが国の成長戦略のみならず、安全保障にも大きく関係する。そうした観点も踏まえつつ、インフラ輸出を持続的なものとするためには、現地国の社会経済環境の向上に資するという視点が求められよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート