1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 拡大する企業の「投資」

拡大する企業の「投資」

企業の投資有価証券に対する支出が堅調、ネットで設備投資を上回る

金融調査部 主任研究員 太田 珠美

サマリー

◆大企業のバランスシートに占める投資有価証券の割合が上昇している。上場企業のキャッシュ・フロー計算書を集計したところ、近年、投資有価証券の取得に伴う支出が高水準で推移していることが確認された。


◆投資有価証券は企業が政策的に保有する有価証券を指すが、これが増加している主因は、海外子会社・関連会社の設立(取得)や、海外企業との取引関係を強化するための政策投資とみられる。企業の海外進出の目的は従来“良質で安価な労働力の確保”が多かったが、近年は“現地(および近隣国)の需要を取り込むため”にシフトしている。


◆政策投資も含めて見れば2000年代を通じて大企業の投資は増加基調にある。内部留保やフリー・キャッシュ・フローを見る限り、投資拡大の余地は残されており、今後も海外を中心とした政策投資は続くだろう。2014年1月に施行された産業競争力強化法ではベンチャー投資の促進や事業再編の促進のための施策が盛り込まれており、国内に対する政策投資が増加する可能性もある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート