1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. 見直しが進む親子上場~独立した社外取締役の選任が望まれる~

見直しが進む親子上場~独立した社外取締役の選任が望まれる~

子会社上場のメリットが縮小、デメリットが拡大する流れに対応すべきである。

2009年10月28日

藤島 裕三

サマリー

◆東証上場企業の約1割は上場子会社が占めている。外国人など投資家の批判が強まっていることもあって、近年では100%子会社化などで親子上場を解消する動きが目立ってきている。

◆規制強化や議決権行使の厳格化に加えて、IFRS適用による影響なども予想され、親子上場のメリットは失われつつある。子会社上場のグループ戦略を見直すべき時期といえよう。

◆100%子会社化やスピンオフの際には、少数株主との利益相反が顕在化しやすい。グループ再編をスムーズに実施するためにも、上場子会社には独立した社外取締役の選任が望ましい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加