1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 議決権行使助言業者に対する上場会社の反応

議決権行使助言業者に対する上場会社の反応

影響力を強める議決権行使助言業者への上場会社からの反論

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

◆日本版スチュワードシップ・コードの改訂で、議決権行使助言業者向けの行動規範が大幅に拡充されたことからも分かる通り、助言業者への関心は高まりを見せている。

◆上場会社による議決権行使助言業者への反論では、判断基準を問題にするものや、事実認識の誤りを指摘するものなど、いくつかの類型がある。

◆上場会社が議決権行使助言業者の賛否推奨を覆すのは困難だが、助言業者を利用する機関投資家の賛否判断に影響を及ぼすことはできる。

◆しかし、議決権行使助言業者へ反論する上場会社がまだまだ少数派であるのは事実であり、それには相応の理由がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート