議決権行使助言会社

2012年7月31日

解説

議決権行使助言会社は、株式投資を行う年金基金・投資信託・大学寄付基金などの機関投資家を顧客として、投資先会社の株主総会議案に対する議決権行使について賛成投票・反対投票の推奨を行っている。これら機関投資家は、国際的な分散投資を実施しており、日本株を保有している場合も多い。そこで、議決権行使助言会社は、日本の上場会社の株主総会議案の分析を行っており、個々の議案について、理由をつけて賛成・反対の投票を推奨する。

現在は、ISS(Institutional Shareholder Services)が最も有力な業者となっているが、グラス・ルイス(Glass Lewis)と日本プロクシーガバナンスも、日本株の議決権行使に関する助言を行っている。

議決権行使助言会社は、判断基準を独自に策定しているので、同じ議案でも助言会社によって判断が分かれることは珍しくない。

議決権行使助言会社の推奨によっては、会社側提案議案への賛成率が低下したり、まれには否決されることもあり、株主や会社からの関心は高まっている。

(2012年7月31日掲載)

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。