1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 地方創生・地方経済
  5. 都道府県の基金は増えたのか

都道府県の基金は増えたのか

東京都、被災3県以外の増加幅は小さく、それも業績好調を反映した増加では必ずしもない

金融調査部 主任研究員 鈴木 文彦

サマリー

◆総務省「基金の積立状況等に関する調査結果」によれば、都道府県の2006年度末と2016年度末の基金総額を比較すると増加率は1.8倍で市区町村の1.5倍を上回る。もっとも、水準を見ると東京都と被災3県を除けば積立金等が特段多いわけではない。


◆都道府県全体の積立金等は10年で1.8倍に増えたが、その大部分は東京都、被災3県によるものである。他の道府県で積立金等が増えたところは、その多くが09年度に地方税収が急減した時期に、臨時財政対策債の借入と、国の経済対策等による国庫支出金の増加に伴って積み増している。都道府県の積立金等が増えたのは事実としても、それが業績好調を反映したものとは言い難い。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート